行け!僕らのスーパーPフォース

勃起に違和感を感じている時の心強い味方、その名もスーパーPフォース。実はコレ、早漏防止にも効き目がありますので、ここではスーパーPフォースの入手方法などを教えていきます。

2016年07月の記事一覧

スーパーPフォースの持続時間

スーパーPフォースには効果の異なるシルデナフィルとダポキセチンの2つの成分が配合されていて、それぞれの効果が体内に作用するようになっています。シルデナフィルはED改善に働きかけ、上手く勃起できないものをサポートします。服用すると体内に吸収されるまで30分から1時間かかり、最大血中濃度になるのは1~2時間ほどです。EDに対する改善効果は服用から5~6時間ほどで、それ以降はほとんど効果があらわれません。食事に影響を受けやすく、特に油分の多い食事をすると吸収が阻害されるので、服用前に脂っこい食べ物を胃の中に入れると、薬が吸収されずに勃起が改善されないこともあります。そのため、服用するには食事を避けて食前に飲むことが必要となります。もう一方のダポキセチンは短時間作用型となっていて、個人差がありますが服用から1~1.5時間ほどで体内血中濃度が最高となって、その後は徐々に薄れていきます。服用から5時間ほどで効果が切れ、成分は体外に排出されるようになります。食事の影響は受けないので食前や食後を気にする必要はなく、お酒と一緒に使用することもできますが、スーパーPフォースとして飲むとシルデナフィルが影響を受けることから、基本的には食事を避けなければいけません。つまり、スーパーPフォースを服用して効果が両方の効果が発現するまでの時間はおよそ1時間前後、効果が持続する時間は5時間前後となります。お酒と一緒に飲むことはできますが、過剰な摂取は控え、適量で抑えることが必要です。食事に関しては避ける必要があるので、食前の1時間前か、食後2~4時間経ってから服用するようにします。また、スーパーPフォースを1錠のまま飲むと副作用のリスクが高いので、ピルカッターなどで錠剤を半分に割ってから飲むようにしましょう。

続きを読む

スーパーPフォースの裏技について

早漏症や勃起不全の症状が出て困っているのは、中高年の男性だけではありません。
最近は、20代の若い男性でも、勃起不全や早漏症、射精障害で悩んでいるケースが増えています。
早漏症の治療には、薬物治療や行動療法など様々な方法があります。
現在では、早漏症に有効な内服薬も登場しています。
早漏症を発症する原因は、人によって様々ですが、感度が良すぎて早漏症を発症しているケースでは、麻酔成分が含まれている早漏防止薬を使うことがあります。
ペニスに直接薬を塗ることで、ペニスの感覚が麻酔成分により麻痺して、挿入時間を延長することが可能となります。
ただ、このような治療薬は、心因性の早漏症の場合は、効果がありません。
勃起不全は、高血圧症などの生活習慣病が原因となって発症することがあるので、注意が必要です。
高血圧になると、血管に負担がかかることが多くなります。
血管が損傷し、動脈硬化を起こすと、血液の流れが悪くなります。
そして、陰茎へ流れる血液の量が減ってしまうと、勃起不全が起こります。
勃起不全の治療には、主にPDE5阻害薬が使われます。
勃起不全の患者で、早漏症も発症している患者は多いです。
勃起不全と早漏症を同時に治療できる薬が、スーパーPフォースです。
スーパーPフォースは、ジェネリック医薬品なので、新薬に比べると経済的な負担が軽くなります。
最近では、スーパーPフォースの裏技なども紹介されています。
ただ、スーパーPフォースの裏技を使う場合は、注意が必要です。
個人輸入代行会社の通販サイトを利用して、スーパーPフォースを安い価格で購入する人も多いです。
ただし、個人輸入代行会社を利用した場合は、薬は自己責任で服用することになります。

続きを読む